身近な自然に触れる機会の創出

中央区は、新たにビオトープを佃公園内に整備しました。

ビオトープとは、BIO(ビオ:生きもの)とTOP(トープ:場所)の合成語で、生きものの暮らす場所という意味です。

これまで、築地川公園など一部の区立公園や区内小学校に学校ビオトープとして整備を進めてきました。

ビオトープでは、メダカやトンボの姿を見ることができ、身近な自然が育まれるようこれからも研鑽を深めながら取り組んでまいります。