災害に強い街づくりを!

本日、会派として、本区の落橋防止システムについて視察させて頂きました。阪神淡路大震災を機に、新たに落橋防止システムが構築されております。落橋防止システムは、けたかかり長、落橋防止構造、変位制限構造、段差防止構造から構成されております。そこで、上記のような対策を整備している築地橋、高橋、鎧橋を視察させて頂き、あらためて耐震補強の重要性を確認することができました。今後も、こうした防災・減災対策を進めていくことが必要であると感じました。