東京駅赤れんが駅舎の復元と民間企業の環境活動を視察!

昨日、全面開業された東京駅を視察してきました。大正時代の創建当時の姿に復元された駅舎は、赤れんがによる重厚なつくりとなっており、東京の新名所となりそうな気がします。また、同じく10月1日から開催した総合商社の環境活動の取組を紹介する施設を見学に行ってきました。入り口のすぐ横に、森をイメージしたオブジェがあり、種から成長して豊かな森がつくられる様子を木製のカラクリで表現した「森のコースター」があるなど工夫した取組や様々な活動を学ぶことができました。