デザインの力

先日、東京ミッドタウン・デザインハブ第71回企画展 「まちとまちをつなぐプロジェクト2018」を視察してきました。展示では、デザインの力を活用し様々な地域プロジェクトが紹介されていました。その中で、「福山市本通・船町商店街アーケード改修プロジェクト -とおり町Street Garden-」が展示されており、大変勉強になりました。江戸時代から続く商店街において、30年前につくられたアーケードを単に改修するのではなく、地域の方々との対話を重ねながら「希望」が込められたアーケードの記憶を継承し、歩く喜びを再創造させたプロジェクトです。機会があれば現地を視察してまいりたいと思いました。